混声合唱団稚内フラウエンコール



カテゴリ:[ 音楽 ]


162件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[134] 定演終了 有難うございました。

投稿者: あの男 投稿日:2019年11月 4日(月)19時05分6秒 pl97274.ag1001.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

 昨11月3日 稚内フラウエンコール最大のイベント「定期演奏会」が無事に終了いたしました。
やれやれ、有難い。
 自分では結構手応えはありましたが、いまだ外からの声は聞こえてきません。なんせ、一日中グダッとしていて一歩も外に出ていなかったので…
 本来、一夜明けて開放感でも味わえるところだったのでしょうが、未だに虚脱感の中にあるという所。今年の定演に私の出番が多かったせいかも知れません。
12月にボランティア風のイベントに幾つか参加するのですが、それらはみんなスケールとしては小さい。残すは今月24日(日)の夢コールのみといった所です。

 個人的には「ぽえむ」の夢コールステージに全力を注ぎたい所。まだ未完成な部分があり、あと3回の練習と、1回の自主練習で何とか仕上げなければならない状況に追い込まれました。仕上げのポイントはベースの出来です。もはや神頼み(仏頼み??)の心境、亡くなったS御大の霊でも降って来ないもんでしょうかね??

 ま、自分の不甲斐なさについ愚痴になりましたが・・・
何はともあれ、フラウエンコールへの皆さまのご声援、本当にありがとうございました。



 

http:// 




[133] 祝・HP更新

投稿者: あの男 投稿日:2019年10月12日(土)23時54分7秒 pl97274.ag1001.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

 私も本日気がついたのですが、フラウエンのHPが定期演奏会を告知するための内容に更新されていました。
担当委員会の皆様ご苦労様です。

 冒頭に使われている写真は9月のキタカラでの宣伝隊のものですね。服装自由との事でしたから、若干、画ずらが地味なのはご愛敬。

 さて、明日は北星大学での学園祭出演です。5日連続の合唱三昧。嬉しいような苦しいような・・・連日の練習(イベント)に少しのどが痛いです。これが最後のイベントと心得て頑張ります。てへへ

http:// 



[132] 宣伝隊・・・

投稿者: あの男 投稿日:2019年 9月24日(火)09時16分59秒 pl70615.ag1001.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

44389

 フラウエンには「宣伝隊」という有志のイベントがあり、3年?ほど前から活動しています。こういうのはヒョットすると他の街の合唱団では珍しいのかも知れません。
 趣旨としては11月に行う「定期演奏会」の為の宣伝・・・という事になっており、宣伝隊の登場時には「定演」のチケットなどを販売したりしているのですが、現実にはミニコンサート風な武者修行??という側面が大きいような気がします。
 若返った現執行部の腰の軽さ…という要素が加わった事で、元々アグレッシブだった某指揮者Rさんのハートに火がついたのかも知れません。

 9月14日に今年最初の宣伝隊がキタカラで行われ、観客の皆さんの反応も良く、マズマズの好感触で終わったのですが、10月11日には、宗谷振興局のロビーで二回目の宣伝隊ミニコンサートが行われます。加えて、13日には北星大学で学園祭に出演。
 下のスレッドで「9月は忙しい」等と書きましたが、実は10月の忙しさはその上を行きます。イベントの回数自体は9月よりも少ないですが、11月3日に定期演奏会を控えているのですから10月はいわば定演直前の追い込みの時期。練習に集中するほかにチケットの販売、ポスターの設置などの実務がなかなか大変。

 ま、そんな中でもフラウエン一同頑張っております。定演へのご来場は勿論ですが、上記の色々なイベントにも是非ぜひお越しください。

http:// 



[131] 九月も忙しい (^^;

投稿者: あの男 投稿日:2019年 9月 2日(月)12時05分43秒 pl1440.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

 昨日の某デイサービス・センターの敬老会出演、無事終了しました。個人的には(どういう訳か…?)結構本番で間違えまして焦りましたが、全体の出来とすればマズマズだったのかも知れません。
 この日は客層を考えての懐メロ風の選曲だったのですが、何より会場に居られたお年寄りの皆さんの反応が良く、「次は●●●●の曲です」と告げるたびに「オウー!!」というどよめきが聞こえ、その都度歌うコッチもテンションが上がりましたね。今まで数々のイベントに出演してきましたが、今回のお客さんは最高だったかも。

 ところで先日、フラウエン・コールはあるポランティア食堂のテーマソング?風のものを録音したのですが、その施設に関わるご担当の方から丁重なご礼状を頂き、この前の練習の中休みの際に発表されました。
 ひどく感動して頂いたようで、お役に立ったかと嬉しかったですが、N団長が「参考までに…」と作成して頂いたその録音のCDを聴いてみますと、「もっと出来たのに…」という思いが抜けません。何と言うか…歌の中に「笑顔」が足りないんですね(あくまで個人の感想ですが…)。

 悪い出来ではなかったですが、正直ややおざなりな合唱だった気もします。あんなに素晴らしい礼状を頂くと分かっていたなら、もっと思いを籠めて歌ったのに…

 こういうご依頼はいつでもウエルカムですが、次回からこういうご依頼をを受ける時には、まず、先方になるべく感動的な礼状を書いて頂いてから、おもむろに録音に取りかかっては如何でしょう??勿論冗談ですが…(^^ゞ
 それくらい、感動的なお便りでした。素晴らしい心意気で活動しておられる当該ボランティア食堂の皆様の益々のご活躍とご発展を心からお祈りしています。あのお手紙で私「食堂」のシンパになってしまいました。(微々たる力しかありませんが)個人的にも何かできる事があればお手伝いしたいものです。

 さて、明日は「子育て平和都市…」のイベント出演。14日(土)には「キタカラ」での宣伝隊の出演。21・22日の「集中特別練習」と続きます。
 キタカラの出演時間などの詳細は、正午を挟んでという事なのですが、後日正式に決定。改めて本欄で告知します。何度かに分け、6曲以上歌う予定。聴きにいらっしゃいませんか??熱烈歓迎!! (^-^)/

http:// 



[130] 8月は出演ラッシュ!

投稿者: あの男 投稿日:2019年 8月31日(土)11時40分30秒 pl1440.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

44037
 我々フラウエンコールにとって8月は大忙しの月。
 小は(ちょっと気の利いた?)町内会の夏祭り、敬老会の出演から、大は戦没者の慰霊祭、9人の乙女の慰霊祭となんでもござれ。練習自体も熱が入り始める時期で、合唱好きには(気力と体力と暇さえあれば)極楽のような月です。
 明日も某所での敬老会のイベントがあり、赤い蝶ネクタイで「長崎は今日も雨だった」なんぞを渋~く聞かせる予定。
 9月3日も北防ドームで「子育て平和の灯」への出演。黄昏時にほのかに揺れる灯篭の明かりが不思議な哀感を誘います。歌うのは1曲だけですけどね。

 フラウエンにとってはこれでようやくイベント出演の洪水?も終了。11月3日の定期演奏会に向けてまっしぐら・・・という事になります。
 寺子屋もナカナカ大変ですけどね。一日2時間の練習を日に2回こなして頂く某指揮者Rさんの事を考えるとボヤくのは罰が当たります。
 一般市民の皆さんも良ければ見学にでもお越しください。お菓子一杯ありますよ(^^)
 

http:// 




[129] 15日戦没者追悼式に

投稿者: doji子 投稿日:2019年 8月15日(木)17時27分26秒 KD106165247233.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

お盆まっただ中でしたが、15日の戦没者追悼式には19人もの団員が参加してくれて心から感謝しています。
オープニングで歌ってくれた皆さん、そして式典最後まで残ってくれた方、お疲れ様でした!
本当にありがとうございました。
10日に練習したっきりで、大丈夫かしらと不安もあったかと思いますが、戦没者の方々そして会場においでの皆さんにも懐かしい「ふるさと」の歌をお届けすることが出来たのではないかと思います。

アカペラでしかも暗譜でしたが、自信を持って堂々と歌えてましたね。
暗譜は顔も声も自然と上を向き、優しい表情で歌える利点があるような気がします。
「ふるさと」も、技術的な面ではまだまだ課題は少なく無いですが、一歩前進出来る機会になったかと思います。
暗譜もアカペラも「やだ~」と思ってもチャレンジして、余裕のあるコーラスを目指していきましょう!

8月から9月にかけて何度か出場機会があります。
楽譜を見ながらでも、心を込めて歌って気持ちを伝えたいですね!!



[128] 感謝します。

投稿者: あの男 投稿日:2019年 6月30日(日)23時45分28秒 pl43632.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

43408

 キャンプ場での野遊会、初の試みでしたが無事終了。ご準備頂いた皆様有難うございました。
最後はみんなでソフトクリームを頂いてお開き。お天気は快晴とは言えませんでしたが、むしろ雨上がりのマイナスイオンの中で気持ちの良いひと時を過ごす事が出来ました。焼肉を頂きながらの話題が「合唱」以外では「年金」に傾いていたのはご愛敬。出席の男性陣4人による「いざたて戦人よ」の出来がイマイチだったのだけが心残りでした。

 Rさんのロビーコンサートも盛会裏に終了。「死んだ男の残したものは」は熱唱。聴衆の中には涙を流していた方も居られたとの事。A先生のピアノ演奏も結構でした。
 指折り数えて10回目の開催だったそうですが、稚内市民への素敵なプレゼントを10度。市民の一人として感謝します。

 この通称「ロビコン」がこの先何度も開かれるようお祈りしております。

 

http:// 



[127] 夕日が泣いている…(T_T) 寺子屋の話

投稿者: あの男 投稿日:2019年 6月28日(金)08時54分6秒 pl43632.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

43382
 昨日は今月最後の「寺子屋」の日。正直に言うといつもは「女性陣の練習のお付き合い…」という感覚で「サクラ」を気取っていた私でしたが、今回はむしろ練習の主役。中々厳しい練習で、参加のアルトのお三方を差し置いて、たっぷりと某指揮者Rさんの「愛の鞭」の洗礼を受けました。フラウエンの補助的練習というよりも、一切ジョークなどを挟まない「ポエム」の練習っぽかったですね。

 勘ぐりかも知れませんが、これはひょっとするとS御大亡き後の某指揮者Rさんのベース陣に対する危機感の表れかもしれません。ガツンと一発食らった後、自宅で録音を聞き返してみると、自分の練習が如何に適当だったかが分かります、ブレスが適当。フレーズの最後の音の長さが自分本位。
 「カラオケじゃないんですから・・・」( ̄ε ̄#)という小言が強烈で、夕暮れの中をヤマセに追われ、トボトボ帰る道すがら、フイに泣きそうになりました。

 私はこういうのが・・・

                好き!!

 練習は、こうでなくっちゃイケません。(女性陣にはいつも通りの優しさでしたからご心配なく)。

 寺子屋って、本当に贅沢な練習が楽しめます。いつも2~30人を相手に指導している某指揮者Rさんが僅か数人を相手に、みっちりと2時間の練習。時には今回の私のように「個人の癖」にまで踏み込んで指導して下さる。ありがたい事です。
 この寺子屋がRさんのご転勤の影響で無くなるかも知れない…と、ワタシ一時は本当に心配しておりましたが、従来通りに収まったというのは(Rさんご本人にとってはどうだったのかは分かりませんが)ありがたい事でした。
 これ程結構ずくめの寺子屋なのに、最近、参加者が固定化しつつあるのは残念な事ですね。あえて苦言を申しますが、フラウエンのメンバーは「Rさんバブル」に慣れきってしまっているのかも知れません。

 さて今日はお昼からは「ロビコン」で、夜は「ポエム」。Rさんもお忙しいですね。あのバイタリティーとパワー・スタミナには感心します。
 改めてエールをお送りしたい。「ロビコン」でのご活躍と御成功をお祈りしています。

http:// 



[126] 不思議な感覚

投稿者: あの男 投稿日:2019年 6月26日(水)23時37分32秒 pl43632.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

43365
 今日から再び「某指揮者R」さんのご登場、お引越しの混乱も多少は落ち着かれたのでしょうか?
 前回の練習では「落葉松」でベース陣の混乱がクローズアップされていただけに、チョット戦々恐々だったのですが、意外や意外、今回は「アムール河・・・」を中心の練習に終始し、「落葉松」は次回練習に持ち越しとなりました。次の練習までの2日間、また「めがぬれる」の悪夢を見る事になりそうです。
 7月13日の日曜日に「みなとコンサート」への出演が決まった関係で、ステージの曲を練習しなければならないという事情もあって、そちらにも時間を取られたのはやむ負えない所。

 その「みなとコン」の演奏曲に「アメリカン・フィーリング」(by:サーカス)という名曲があるのですが、数か月前の冬に一旦仕上げたこの曲をおさらいしつつ。そういえば以前この曲を練習していた時には隣に「S御大」が元気に練習していたんだなぁ~…と不思議な思いに捉われました。今も振り返れば後ろの席の辺りで,苦手だったこの曲に、神妙に顔をしかめながら歌っていそう・・・不思議な感覚でした。

 さて明日は「寺子屋」。お休みなさい。

http:// 



[125] お陰様で朗読会終了しました。

投稿者: あの男 投稿日:2019年 6月23日(日)23時11分1秒 pl43632.ag0102.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

43339
 お陰様で無事朗読会終了いたしました。余り良い出来ではなかったですが、これはもう練習不足、原因はハッキリしています。読むべき作品が二転三転して、決まったのが1か月前というのですからお話になりません。
 昨年の「おせいさんの落語:貸ホーム屋」なんかは1月には作品が決まり、半年かけて相当入念に100回以上の読み込み練習を繰り返し行っていたのですが…(今回は必死で追い込んだけれど…)50回くらいでしたか…

 朗読は一人で行う、音楽で言えばソロ(しかも音符が無い)なので、文章の出だしの高低など、カッチリと読みを「固める」事が必要なのですが、今回は読む度に出来が違うという体たらく…。
 本番でも演じている真っ最中に一瞬迷い「読みを変え」た事が裏目に出て、後半、高低が低めに集まって単調に流れ、修正できないなままに終わってしまいました。魔が差したといえば聞こえは良いですが、要は練習量の不足と集中力の欠如です。ま、仕方がないですね。

 今回もフラウエンの方には観客としてお越し頂き感謝しています。本人相当ガッカリしているので「来年もよろしく!」とはちょっと言いにくい感じですが、多分、来年もやるような気がしますね。よろしくお願いします。
 ともかく、朗読の山も越えました。後は多分、合唱三昧なのでしょう。ア~…また、「めがぬれる」に戻るのか??ちょっと食傷気味…(^-^ゞ ですが…頑張ります。

 お越し頂けなかった方も含め、フラウエンの皆様、色々とありがとうございました。

http:// 


レンタル掲示板
162件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.