混声合唱団稚内フラウエンコール



カテゴリ:[ 音楽 ]


91件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[76] 明けましておめでとうございます。

投稿者: あの男 投稿日:2018年 1月 1日(月)00時11分27秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

35591

稚内はお天気も良く、誠に穏やかな新年の訪れのように感じられます。

旧年中は朗読に男声合唱に、そしてもちろんフラウエンコールにと大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。




[75] お疲れさまでした。単なる娯楽の提供ではありませんよ。

投稿者: あの男 投稿日:2017年12月25日(月)11時10分10秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

この病院Xmasコンサートの出来に関しては3年前にフラウエンが参加するようになってから出来に対してボヤキばかり書いてきた私ですが、今年は文句なし。聴衆の皆さんの反応も良く、嬉しく終わることが出来ました。
なぜ私がそんなにこの病院クリスマスコンサートにウルサク注文ばかり言っていたかと言いますと…実は約50年程前のXmasでは、当時学生の私は札幌の病院に入院中でして、お医者さんや看護師さんの有志の皆さんが開催してくれたミニコンサートを感激して聴いておりました。ちょうどミッション系の病院でしたので、ろうそくに火を灯した看護師サン達が病室を讃美歌を歌いながら訪問するという…出し物も凝ってました。
また、母の入院していた頃の市立病院の催し物でも母はたいそう喜んでいたものでした。その家族である私も何となくジーンと来ましたね。

退院や一時帰宅の出来ない入院患者の方は、大変寂しく心細い思いをされているものですから、こうしたコンサートは、歌う側の我々が頭で思う以上にそうした皆さんの慰め・励ましになっていると思います。

今回のしっとりした讃美歌の替え歌(こんな風に書くと怒られるかも)と、上を向いて歩こうの2曲、どちらも皆さんの気持ちに響いたように感じました。あんな風に皆さんが声を合わせて歌ってくれるなら、もう一曲くらい歌っても良かったかも…?

とも角も皆さんお疲れさまでした。良いお年をお迎えください。



[74] 2017年歌い閉め

投稿者: doji子 投稿日:2017年12月24日(日)15時11分33秒 ZU141052.ppp.dion.ne.jp  通報   返信・引用

昨日の某院クリスマスコンサートを持って、2017年の歌歌いが全て終わりました。
ア・カペラで暗譜という事にもチャレンジしました。
緊張感をもちながら前で聴いて下さっている方がたの心と耳に届けられたと思います。
2曲目は歌って下さる方もたくさんおいででしたし、手拍子も起きたりして、会場にいらした皆さんにとって楽しい時間になったのではと感じました。
私たちにもまた聴いて下さった方にも笑顔がいっぱいでした。とても嬉しい歌い閉めになりました。
定演に向けて長丁場の練習をする中で、様々なイベントにも参加させて貰いました。それぞれ思いに違いはあるでしょうが、それに取り組むことで自分たちの力をアップさせる機会にもなったとも思えます。
また明年も元気に楽しく歌える年になりますように!



[73] 今年の練習終了

投稿者: あの男 投稿日:2017年12月17日(日)18時51分3秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

土曜日の練習を終え、本年のフラウエンの練習全て終了しました。最後のご指導はトレーナーのTさん。1年間本当にお疲れさまでした。
今年何があったかな?…と、チョット旧掲示板など覗いて見ましたが、M団長の退任に伴うN新団長のご就任をはじめ、Fご夫妻の結婚、フリーマーケットへの出店、2回にわたる「キタカラ」でのPRミニコンサートなど色々な事がありました。私的には「帆笑夢」の結団、「夢コール」の広報の担当などで、忙しい年でしたが今にして思えば楽しかったですね。
一方比較的年配の団員の皆様や、そのご家族に健康上の問題が出てきたのも最近の傾向で、心配な事です。

終了後、有志による忘年会が行われましたが、私は体調不良の為に欠席させて頂きました。我が事ながら珍しい…(笑)。

これで全スケジュールが終了という訳ではなく、これから某市立病院のクリスマスミニコンサートも残っています。昨年「オオこけ」し、それ以前も余り良い思い出のないステージですが、今回はテナーPLのSさんに曲のポイントポイントでの指揮(というか合図)をお願いするなど中々綿密です。頑張りましょう。

尚、下に半信半疑で書いた、市立病院の直後の某教会主催の「キタカラ」のXmasミニコンですが、主催のSさんがワザワザお越しになり丁寧にご説明を頂きました。大変にご多忙だったようですね。失礼しました。23日の午後3時から開演(30分程度)という事です。
無料ですし、聖歌だけで構成されたステージですから観客の皆様のXmas気分がぐっと盛り上がる事でしょう。ぜひお越しください。



[71] キタカラXmas 今年もやります!

投稿者: あの男 投稿日:2017年12月14日(木)23時38分24秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

35073

定演から男声合唱の終わりまで、結構ハードだったせいか、この掲示板にも何かアップしようという気が失せてしまい。タダただ漫然と過ごしておりました。気がつけば明後日の練習が今年の最後です。時の経つのは早いもの。
これは一つには、例年、某教会?が主催?されていた「キタカラ」でのクリスマス・キャロルのミニコンサートが今年は無いらしい…と、自分で決めてかかっていたせいもあるのですが、そんなところに「コンチネンタル」こと「N」さんから、やっぱりやるそうだ…というご連絡を頂きました。
「いまごろ何故??」と呆然の態ですが、せっかくの機会が無くなってしまうよりは遥かに良い!!… 今日から自宅練習を始めたいと思っています。

3年前のスタート時には、私とコンチさんご夫婦くらいしか参加者が居なかったこのミニコンサートですが、昨年は多くのフラウエンの団員が参加され活況を呈していたものでした。今年はどうなんでしょう…急な事でもあり、練習の為には残り10日間もないので、昨年の半分の人数でも参加して下されば良いですが( ^ω^)・・・
ちなみに歌う曲は昨年と同じ曲らしいです。ま、主催者側にも色々ご事情もあったのでしょうね。

私もコンチさんからの又聞きですが、残り9日間の内でも、3日間ほど練習日が設定されているようです。以下に一応書きますが、聞き違いかも知れませんので確認はコンチさん迄お願いします。

①12月17日(日) 15時 キタカラ2Fの市民活動室。 昨年と同じ会場です。
②12月18日(月) 19時 同上
③12月21日(木) 19時 同上

本番 12月23日 キタカラにて。 15時開演 市立病院のミニコン終了後です。



[70] 「最北彩(いろ)どり文化展」

投稿者: あの男 投稿日:2017年12月 8日(金)08時11分50秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

水曜日の練習では大嵐。12月ですから冬と言えば冬なのですが、この時期の大雪による練習の中止は珍しい。新聞の見出しにも「白魔、稚内を襲う!」との字が躍っていました。今気になって調べてみたのですが、「白魔」という言葉は新聞には「大吹雪」の意味で、時折使われるらしい。数十年?前にもそんな紙面を見たことがありますが、どうにもおぞましい言葉です。
昨日、大学のS学長へ定演の観客アンケートの集計結果表をお届けしよう…と思い立って、街へ出たのですが、随所で除雪の為の通行止め。無数の除雪車、トラックが走り回り、「除雪」というより、「災害復旧」というただならぬ空気が漂っておりました。

そんな中立ち寄った図書館ですが、ロビーで見つけた「最北彩(いろ)どり文化展」で「帆笑夢」さん(男声合唱団じゃない個人の方)の作品を見かけました。
楽し気なクラフトで「楽しい仲間」との題がありましたが、ナント“入選”だそうです。「馬車と荷車の上で音楽を楽しむ4人の仲間」がテーマ。作品上の人々はみな楽し気に楽器を奏でているのですが、どういう訳か「歌を歌っている」人がいない(笑)。「歌う人」は表情つくりが難しかったのでしょうか??・・・ま、あんまり書いて作者が傷ついちゃうと困るのですが…
作者の暖かくおおらかな人柄の滲む秀作でした。

「最北彩(いろ)どり文化展」の展示は市立稚内図書館にて10日迄です。残り2日間、あんまり間がありません。

所で「白魔」による練習中止の件。
老婆心ながら、折角の掲示板ですし、練習の中止などという緊急の決定は、決定時点でなるべく早くここにアップされてはどうかと思いました。
連絡網は機能しているようですが、掲示板で確認される方も居られるかも知れません。ついでに書くなら、瓦版でお知らせしたい事は、ここにも書くのも宜しいかと・・・昔やっていたような気もしますけどね…いつしかここも砂漠状態になっています。本掲示板の訪問者増加の為の試みという視点からも是非ご検討ください。




[69] 練習お休みですよ

投稿者: あの男 投稿日:2017年12月 6日(水)15時27分30秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

34914

スゴイ大嵐。本日の練習お休みとの事です。

加えて…私事ですが、実はゆっくりと風邪が悪化しているらしい。
クシャミしまくっていた昨日から、今日は喉が痛いうえに鼻水と、症状が変わって来ました。

正直、お休みは有難い。



[68] “元祖”帆笑夢様(注、男声合唱団の名前じゃない方)

投稿者: あの男 投稿日:2017年11月30日(木)23時50分38秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

34812

「定期演奏会」が終わり、更に「夢コール」「きらきら」と終わって、恥ずかしながらガックリとテンションが落ち(掲示板も見なくなるほど…)ましたが、前回の練習辺りから漸く回復してきました。

“元祖”帆笑夢様、大変な一年だったとお察しいたします。しかし、大兄の復帰してからの頑張りは凄かったですね。練習はもとより、男声合唱の練習にも殆んどもれなく参加され、定演の前の1か月間には寺子屋にまで参加して(最後の数回は日に二回のダブルヘッダーでの参加だった)気持ちの籠った活動ぶりに、感激を通り越して少しハラハラしておりました。しかもその間、フラウエンと帆笑夢の(注、男声合唱の方…ア~…チョットめんどい)仲間の為に黙々と「音源」作りの作業に励まれていた事、本当に感謝しております。

しかしながら…
いま、冷静に考えて見ると、ヤッパリ少し頑張り過ぎて居られたのではないかと…
何事もなくて良かったですが、来年も同じように活動なさると想像すると少し心配です。もしも…帆笑夢さんに何かあると「合唱は体に悪い…」という証拠の人物扱いされそう(冗談ですが)。

くれぐれもゆっくりとご休養ください。(まだ練習何回かあるけど・・・)不肖・あの男、12月の当番はお任せください。本当にお疲れ様でした。




[67] 定期演奏会を終えて

投稿者: 帆笑夢 投稿日:2017年11月27日(月)19時51分15秒 KD106165247198.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

雪に照らされ窓の陽も優しくうるんでいる。 静寂なる部屋で昨日届いたばかりの定演のCDを聴く。 1部、2部、3部そしてアンコールと。 3部の組曲「旅」のところで涙がとどめなく出始めた。 定演までの1年間を振り返ると色々なことが思い出された。 大きな病気をし練習不足で今年は参加できないかと観念していた。 ところが幸いにも順調な快復に向かい、久しぶりに練習に参加できるようになった。 歌い始めると息が続かない。 やはり定演参加は無理かと諦めかけていたところ、指揮者の適切な指導そして団員たちの暖かい励まし受け何とか定演までこぎつけることができた。 団員には迷惑をかけまいと、自分なりに必死に音取りCDを幾度も聴き、また寺子屋にも通わせてもらった。 指揮者は言う「練習は人を裏切らない」と?
この言葉を胸に占め自分なりに少しでも高いところを目指し、努力し、それを克服したところに満足感を得るものと信じている。



[66] 「帆笑夢」の“帆“ VoL8 素晴らしいフィナーレ

投稿者: あの男 投稿日:2017年11月24日(金)12時22分46秒 KD106165255065.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

34673

フラウエンとは直接関係はありませんが、昨日「帆笑夢」の最後のステージ、「きらきらコンサート」がえびなイベントホールに一杯のお客様を集めて無事終了しました。ソリストもフルート、ピアノ、サックス、オーボエ(みんな20代の女性)に我ら「帆笑夢」と多士済々。
主催者のW先生によれば当初80席ほどを用意していたとの事でしたが、最終的な入場者は120人強であったとの事。大盛況でした。
ホールの支配人さんによれば満員の定義は約150人ほど(消防法の定義では200人弱だが、この場合文字通り「立睡の余地もない」という事ですから、今回の120人はちょうど良い。

ホールの反響も程よく、観客の醸し出す空気感も素敵。若い真摯な演奏者のハートも伝わってきて素晴らしいコンサートでした。主催のW先生はMCを務めて観客と演奏者のハートを温め、アンサンブルではホルンを吹き鳴らし、「帆笑夢」ではベースを歌いつつ、バンマスとして指揮を担当して、もう大活躍でした。

一転、打ち上げでは、若い演奏者だったお嬢さんたちのそれぞれ思いの籠ったスピーチに、私、結構ウルウル来ていました。彼女たちは教職について、学生の音楽活動の指導をして居られる方が多かったようでしたが、「ついつい失いがちな演奏者としての音楽の情熱を再確認できた…」。「久し振りに自分の練習に熱中した…」と感謝の言葉を述べられた方が多く、彼女たちの音楽人生に救いの手を差し伸べた業界の先輩、同じ悩みを乗り越えた音楽人としての先輩、W先生のお気持ちに感動しました。
元々この「きらきらコンサート」も彼女たちの有志が行おうとしていたコンサートの企画が潰れてしまい、ガッカリしていたのを見かねて…というのが切っ掛けだったらしい。
W先生ありがとう。来年も行われる企画なら、是非何かお手伝いをさせて頂きたいと思いました。

さて、今年最後の活動を終えた「帆笑夢」。
コンサートの出来としてはまずまずでしたよ。T先生、K先生。皆さん褒めてくださいました。しかし…女性出演者の中で、同年輩の10数人の合唱団を指導し、見事コンテストでの優勝に導いた…という方がいて、その方の見立てでは「帆笑夢」は「謙虚な演奏だった」という微妙な評価でした。「周りの音を聴こうとする姿勢があった」が、「もっと猛々しい個性も出してほしい」というご注文でした。ま、お世辞半分くらいでもこの厳し目の評価ですからね。

さて、メンバーの皆さん1年間本当にありがとうございました。「帆笑夢」は3月頃まで冬眠に入ります。その頃に「新曲」が来ますしね。来年は正統派の男声合唱曲が1曲、昨年も歌ったポップス系の歌が1曲、「帆笑夢」の定番曲に育てたい毎年歌う事になるだろうという曲が1曲、という編成になるだろうと思います。

最後になりましたが、改めて1年間の暖かいご指導を頂いた某指揮者さん、暖かいフォローを頂いた他団体の皆さん、何より、精神的に不安定な「世話役」の私に厚い信頼をお寄せ頂いたメンバーの皆様に心より御礼を申し上げます。中でも(最後にはテニョリーネになっちゃった)N嬢、に感謝します。野球に例えると「最優秀選手賞」を贈りたい。

来春まで皆さん(特に他団体の皆さんは)お元気で。


レンタル掲示板
91件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.